チャネリング・タロット占い鑑定|メール鑑定3,000文字以上お約束

個人鑑定によるタロット占い。メール/チャット/電話鑑定。メール鑑定では3,000文字以上お約束。¥6,000~/1回。鑑定サンプルからご納得いただける完全フルオーダーのタロット占い鑑定です。

彼から「もう気持ちがないから別れたい」と言われ..

彼から「もう気持ちがないから別れたい」と言われ..
長年お付き合いしていて一緒に生活していた相手がいました。 12月にあるきっかけで口論になり、「もう気持ちがないから別れたい」と言われ、 そのまま同棲解消し、私は実家での生活に戻ることになりました。 別れ話が出る数日前まで楽しく穏やかに生活していていたので、私の中でまだ気持ちの整理が出来ていません。 メールをしても返信はありませんが、元カレと復縁の可能性はあるでしょうか。
 (ポン太、35歳)


ポン太様
お待たせいたしました。 鑑定結果をお送りいたします。
今回の鑑定は、元カレさんの取り巻く環境や現状、顕在意識や潜在意識を読み取り、 彼との復縁はあるのかどうか、また今後どういった展開や可能性があるのか、深くリーディングしてみました。

①元彼の性格と資質(ソードのペイジ;逆位置)
サンプル_あゆさん 
まず、彼の資質とご性格についてですが、人一倍に温和・温厚で保守的と見て取れます。 それ故、人との言い争いや喧嘩がめっぽう苦手で、そういった対立には極力避けるように自身の言動や行動を常に配慮している姿勢も見て取れます。 恐らく、彼は職場や友達といった対人関係にはすべて、言い争いや喧嘩を避けるように立ち振舞っているはず。 常に温和な彼ですから、職場の人たちも、彼を良く知る友達も仲間も皆、彼と対立したり言い合いになるようなことは、経験上皆無に等しいのではないでしょうか。 また、恋愛の面でも同じように、相手の彼女さんとは喧嘩や言い争いを嫌う、と出ています。 女性によくある生理的なイライラが生じたとしても、彼は逆上せず、むしろ受け入れるカタチで彼女さんの苛立ちを押さえる対応(気遣い/処置)をするでしょう。 それだけ、彼は言い争いや対立といった状況、関係を嫌う性格であり、考えであり、価値観を持っていると言うことです。 過去、時々、ポン太さんのイライラで、彼にあたることがあった、とのことですが、それがたった1回だとしても、彼にとっては懸念する態度だったと出ています。 これは、彼は言い争いや対立といった状況や関係を心底嫌う性格であり、考えであり、そういった価値観を持っているからこそ。 表面上は、穏かな表情・口調でその場を対応してくれたように見えたかもしれませんが、それはポン太さんに気を使ってくれたからのことでしょう。 内心では、対立するようなシチュエーションには、本来なって欲しくない、嫌だ、嫌い、怖い、といった拒否感、恐怖心まで起きることだったようなのです。 ポン太さんのイライラも、数回までは、彼もポーカーフェイスで乗り切る余力があったようですが、彼の中では1枚1枚イエローカードが出されていたよう.. そして、ついに、最後のレッドカードを出された結果、急な離別を選んだ、とカードは告げています..

②彼の気持ちと現状(戦車;正位置/ソードの8;逆位置)

とは言え、彼は端っから、ポン太さんのご機嫌を懸念していた訳ではないのです.. 彼自身も、自分が人との言い争いや喧嘩が超苦手で嫌いなことは、重々自覚はしていたものの、 ポン太さんに対しては、自分の恋人であるし、今後もずっと一緒に過ごしていきたいという考えもあっただけに、できるだけ温和に対応したい、大きな懐で受け止めたい、という思いも努力あったのです.. そう覚悟はしていたものの、そこにできない自分がいた、我慢していた自分がいた、どうしても受け入れられない自分がいた、という彼自身も想定外な結果に.. 真面目で温和だけに、そこだけは譲れない潔癖な資質・性格だということでしょう。 彼は、見た目以上に、相手に望む条件が厳しい人だったのですよ.. 自分の価値観を相手にも望む、ような感じですね.. だた、自分の価値観を相手に押しつけることも対立となるため、日頃は表に出さない本音であると言えるのです。 そう、彼の本音はそこ。 最も、彼のような温和な人の方が、日頃本心や本音を表に出さず我慢している傾向にあり、それが限界に達すると、その場その瞬時で自ら玉砕する結末を選ぶことになります.. 彼は今、自身の潔癖な性格が、恋愛のみならず、職場や対人関係において、手枷足枷にもなっていることを改めて自覚し、 一時は、対人関係がコンプレックスでもあったようですが、ポン太さんと離別した以降、じっくり自分なりに考え、 「これは自身の短所でもあり、長所でもある個性だから、直す必要はない..」と自己解決しているよう.. そして、彼が今後求める恋愛のお相手としては、 この個性を理解してくれる人、つまり、自分が本音を隠し我慢して配慮・対応するのではなく、 相手の女性も自分のように「言い争いや対立を嫌う人」「言い争いや対立をしない人」を選べばいい、と。 そう今後の目標・理想を掲げているようなのです。

③彼とポン太さんの可能性と展開(カップの9;逆位置)

ポン太さんと離別した直後、彼の良心・モラルにより、何度かやり直そうかと自分に問うことがあったようです。 「大した言い争いではない事に、こんな極端な選択をして、果たして正しい選択だっただろうか..?」 「決して悪気あって苛立ちをぶつけてきた訳ではないのに..どうして自分は受け入れられないのか..?」 「自分に我慢強さが足りないんじゃないか..?」 「自分の器が小さいんじゃないか..?」 でも、これらは既に、これまでのポン太さんの苛立ちが起きた時に、彼が都度、努力・回避・対応してきたこと。 その上で、彼自身は、拒否感・恐怖感を覚え、今後繰り返すだろうことに、更に嫌悪感と恐怖感を覚えた。 問題は彼自身の中にあり、性格・個性・価値観であることから、その結果、ポン太さんとは性格・価値観の不一致、と完結している彼なのです。 この性格・価値観が一致しないことには、結婚をして、生涯ずっと一緒に暮らすことも難しいだろう.. 仮に結婚したとしても、同じことで蟠りが生じ、自分が拒否感・恐怖心を抱いて、離別を選ぶだろう..と。 それほどまでに、彼は自分の潔癖な性格・価値観を改めて自覚し重視することに。 よって、ポン太さんとの復縁は難しいという結果です...

④今後の動き(ペンタクルのエース;正位置/女教皇;正位置)

現在、彼はまだフリ―の身ですが、今後は少しづつ新しい出会いに向けて活動する兆しが出ております。 残念ですが、彼の次なる出会いに、ポン太さんとの復縁は選択肢にはありません.. 一度離別した過去には戻らないという、これも彼の価値観と考え(ポリシー)です。 これも、彼の潔癖な性格は未来永後健在でしょう.. 今後、変わることはありません。。 鑑定に可能性があるのなら、対策も見ていくのですが、今回は可能性も対策も皆無、という結果に。。 どうやら、この恋は諦めた方が良さそうです..

⑤キーポイント(ソードの6)

彼も新しい出会いに目を向けるのと同じく、ポン太さんも新たな出会いに目を向けられることが、遠回りをしない良縁を引き寄せます。 今はまだ受け入れられないかもしれませんが、ポン太さんと一緒に過ごしていた温和な彼は、実は我慢をして本音を見せなかった..、 いえ、受け入れようと頑張っていたけど、やっぱり自分を騙せなかった彼だったのです。 「頑張ったけど、無理だった..。」 そんな彼の真摯な姿勢も思いも、受け止めてみてください。 頑張ったけど、できなかった.. そういう時、誰でもあると思います。 今彼に復縁を持ちかけたところで、合わせられないことにキッパリ見切りを付け、新たな出会いに繰り出す彼を、また二の舞に引き戻してしまうだけ..。 彼を思うのであれば、彼を我慢や努力から解放させてあげることでしょう 結婚は、我慢や努力をするものではないですからね..

⑥最後に私からアドバイス

今回ポン太さんの総合運も見させていただいたのですが、新たな出会いに結婚の兆しが出ております。 よって、彼との復縁からの結婚を望まれるより、今後の出会いに、運命の人が現れるという結果です。 もちろん、今はまだそんな気分になれないのも、良く分かります。 当面も傷心な日々を過ごしはしますが、彼のことを思い出し、彼の資質や性格ももう一度改めてみて、彼の苦手とすることや懸念する心情を汲み取ってみることです。 ポン太さんは決して起伏が激しい気性ではないのですが、それ以上に、彼が潔癖で繊細だということ。 彼のポーカーフェイスを見抜けなかったこと。 彼が努力を包み隠していた、ということ。 表面と内面、建前と本音が、彼にはあったことの事実を受け止めることです。

* この鑑定サンプルは、モニターの方の鑑定結果です。実際のお客様の鑑定結果は公開いたしませんのでご安心ください。 * この鑑定サンプルは、当サイト管理人の著作物です。転載、コピー、第三者による利用は一切認めません。万が一、著作権を侵害する行為を認めた時は、しかるべき処置をいたします。



鑑定お申込み